Macau casino history|香港投資家ファミリー 香港ニュースタンダードクラブ HKNSC

香港ニュースタンダードクラブ
香港ニュースタンダードクラブ

モンテカルロ

マカオカジノのルーツ 東洋のモンテカルロ
マカオのことを東洋のモンテカルロと言われていますが、そのモンテカルロってあまりなじみがありません。なぜなら遠いからかも。

モンテカルロはモナコの4つの地区(カルティエ)の1つであり、同国の北東部、モナコ湾の北岸に位置しています。 モンテカルロとはイタリア語で「シャルル3世の山」という意味でその治世下に名づけられました。
国営賭博カジノをはじめ、湯治場、ゴルフ場、水泳場、美術館、植物園、豪華なホテルなどの設備が集まる同国の中心市街地であります。

ダニエルグレイブの「007カジノロワイヤル」で、ルシッフルと対決するのは、このモンテカルロが舞台になっています。 

芸術祭、スポーツ祭など数多くの催しも多く行われます。
シャルル・ガルニエによって建築されたモンテカルロ国営カジノは1,000人の客を収容しうる大広間と、ルーレットを備えたいくつかの部屋などからなり、絵画・浮き彫り・塑像などの装飾品、花壇を備えた前庭があります。

これをみると、マカオも同じような感じになりますね。
ちなみにシァルルさんは、パリのオペラ座なども建築しています。

マカオ

カジノの歴史@
マカオと言えばカジノですが、その歴史はあまり知られていません。
「東洋のモンテカルロ」や「アジアのラスベガス」と称されるマカオのカジノ産業は、300年を超える歴史を持ち、現在のマカオの最も重要な経済的柱となっています。

2009年のマカオ特別行政区の歳入に占めるカジノ税の割合は7割を超え、近年、マカオのカジノ総売上はラスベガスを抜き、世界最大のカジノ都市となったことは有名です。

今日のようなマカオのカジノ産業の成功の裏には、中国中央政府やマカオ特別行政区による政策的サポート、企業家による積極的な投資、そして中国人によるカジノ嗜好があるといえます。
ここはかなり貢献度が高い部分ですね。

歴史的にみると、マカオのカジノ産業の源は16世紀にまで戻ります。
日本は室町後半、安土桃山時代くらいで、本能寺の変とかくらいですね。

この時期、主に中国本土からマカオへ移民した建設業従事者、港湾荷役業従事者、家事使用人の間で最初の賭博が流行りました。
当時はまだ法律による統制などはなく、胴元がテーブルを用意しそこらに賭場を開設していたそうです。

そして、1842年にマカオと隣接する香港が英国へ割譲された後、貿易港としての地位を香港に奪われたマカオは没落してしまいます。
このころの日本は、明治に入る20年くらい前で、江戸後期ですね。

そこで、ポルトガル・マカオ政庁は税源の確保と産業多角化のため、1847年に初めてその賭博産業をを合法化し立て直しを試みます。

19世紀の1850年代、ゲームの種類が「ファンタン(番攤)」のみというカジノハウスが200以上も軒を連にぎわい19世紀後半には賭博業から得られる税収が政府歳入の大半を占めるまでに成長しました。
19世紀と言えば、イギリスの経済が発展した時代ですね。
アフリカにはしんどい時代、アヘン戦争で負けた時代。
日本には、ペリーが来航したころですね。

この時期から、マカオが「東洋のモンテカルロ」と呼ばれるようになったようです。

ジャンケット

カジノの歴史A サービスの由来
1930年、霍芝庭氏率いる「豪興公司」が歴史上初となるカジノ独占営業権を得ました。
「豪興公司」は現在新中央酒店が建つ場所にカジノを開設し、豪興公司は賭博産業及び周辺サービスへ革新的アイデアを数々開始しました。
主に、カジノホールの豪華絢爛な装飾、カジノテーブルの設置、顧客へ無料でドリンクや食べ物、タバコ、フェリーチケットの提供など、現在まで続く伝統を創り出しました。
その他、付帯的なサービスも開始され、ジャンケット的なビジネスもあったようです。

ですから、現在のサービスは、豪興公司がおこなった由来です。

ちなみに、1932年、范潔朋氏ら在外華僑と米国商人により「マカオ・ドッグレース・アソシエーション」が組織され、マカオにドッグレースが導入されます。
これが現在ドッグレースを運営する「マカオ・カニドローム」の前身となりました。
しかし、当時としては斬新なギャンブルであったため、あまり評判を得れなかったようです。

マカオの競馬については1842年に出現したというが、一定の規模で開催されるようになったのは「マカオ万国競馬スポーツアソシエーション」が独占経営権を得て、マカオ半島北部の黒沙環に競馬場を開設した1927年以降のことでした。

カジノ

カジノの歴史B カジノ界の改革
1937年、カジノ産業の歴史に大きな影響を及ぼす大改革が行われました。
この年、ポルトガル・マカオ政庁はカジノ独占営業権を一社に集中させることを決定。

競争入札の結果、傅コ榕氏、高可寧氏率いる「泰興公司」が落札。
泰興公司は今も建物が残る新馬路の新中央酒店をフラッグシップカジノとして改築しました。
現在マカオで最も人気のあるゲームとなる「バカラ」などの新ゲームを採り入れました。

その後、日中戦争が勃発し、香港が陥落。
主に香港からのギャンブラーを中心顧客としていたマカオの競馬やドッグレースは重大な影響を受け、1942年に営業を停止しました。

1961年2月、第119代マカオ総督マルケス氏の提案により、ポルトガル政府はマカオを「恒久ゲーミング特区」として開放し、マカオをカジノ及び観光業を中心に発展させる低税制地区とした。
これが今のマカオ経済を支えるきっかけの一つとなります。

マルケス総督は「ゲーミングの結果は偶然性に帰し、純粋に幸運なものが勝者となる」という「幸運博彩」という概念について定義付けしました。

カジノ史

カジノの歴史 C
泰興公司によるカジノ独占営業権が1961年12月31日をもって満了することを受け、マルケス総督は同年7月に新法を公布。
合法化された「幸運博彩」方式による賭博業の独占経営権を公開入札方式で決定することとした。

葉漢氏、葉得利氏、何鴻燊(スタンレー・ホー)氏及び霍英東氏らの香港・マカオ商人による新会社と元ライセンス保有企業である泰興公司の2陣営が入札。
ここからスタンレーホー表に出てきます。

結果、新会社側がカジノ業及び現在の宝くじ、ロトにあたる富くじの独占経営権を獲得することになります。

同年8月、インドネシア華僑の鄭君豹氏がドッグレースの復活を政府に申請し、政府は8年間のドッグレース独占経営権を新たに組織された「逸園賽狗公司」へ与え、1963年8月に正式開業します。

葉漢氏、葉得利氏、何鴻燊氏、霍英東氏らによる新独占会社は1962年に「澳門旅遊娯楽有限公司」(略称「澳娯」)の名で登記を完了。これはリオカジノです。

同年、「リオ 澳娯」による最初のゲーミング施設として「新花園カジノ」をオープンし、以後40年の長期に渡り「幸運博彩」方式によるカジノの独占事業を展開する。

その後、1970年に旗艦施設となる「ホテルリスボア」「リスボアカジノ」が開業。
マカオ市内の中心地である場所に、鳥かごのような建物を構え、マカオのシンボルになります。

開業以来1982年までに「澳娯」は法律の下、ファンタン、バカラ、クラップス、シックボー大小、ブラックジャック、スロットマシンなど10種を超えるゲームを次々と導入することで勢いを増した。

1980年、葉漢氏が「澳門賽馬車會」を設立し、馬車レースを導入するものの、残念ながら好評を得られず、賭け金が伸び悩む中で1988年に事業を終了。

同年、「澳門賽馬車會」は「台灣朕偉投資開發股份有限公司」により買収され、レースコースを競馬場とした上で1989年に最初のレースが開催された。

しかし、競馬場として再出発するも、度重なる不利な状況に見舞われ、開業一年で財政危機となってしまう。
結局、「リオ 澳娯」が10億パタカの資金を集めて「澳門賽馬車會」を買収することで事業を継続、1991年2月にレースが復活しました。

1998年、「澳娯」が日本のパチンコを導入。
同年、ワールドカップ開幕に間に合うよう「澳門彩票有限公司」がサッカーくじ販売ライセンスを政府から獲得。「澳娯」は積極的に事業範囲を拡大させ、マカオカジノ界最大のプレーヤーとなる。

近代カジノ

カジノの歴史D 近代カジノ
マカオがポルトガルから中国へ返還される以前から、返還後のカジノ独占経営権開放の可能性についてあれやこれや議論があったそうです。

事実上、ポルトガル・マカオ政庁はカジノ経営権の独占の打破について準備をしていたようですね。そして、1986年に「特別ライセンスを最大3社にまで発給する」ことを明記した法律が立法会を通過しました。
2000年7月、マカオのカジノ産業の発展、法律、行政法規及び政策についての研究を行うための「マカオゲーミング委員会」が発足しました。

2001年8月マカオ立法会はマカオカジノ業の開放を謳う新法「娛樂場幸運博彩經營法律制度」を可決。ライセンス発給制度、経営条件、入札及び落札企業の経営モデル、株主及び経営陣の資格、ゲーミング税などの主要項目についての原則を規定する。
これにより、カジノ業界が更なる変革を行う事になります。

マカオ特別行政区政府は「澳娯」の持つ独占経営権が満期を迎える2001年12月31日を待ち、「ゲーミング・観光業を成長エンジンとする、サービス業を主体とし、その他産業の協調的発展を促す」とする政府の方針に沿い、マカオの経済発展のための新エンジン、長期の持続的発展のための基礎固めとすべく3社へゲーミング業ライセンスを発給することになりました。

2001年10月エドモント・ホー行政長官は「娛樂場幸運博彩經營法律制度」についてのより具体的な参入要件等を明示した行政法規「規範經營娛樂場幸運博彩的公開競投、批給合同,以及參與競投公司和承批公司的適當資格和財力要件」にサインを行い、具体的な公開入札プログラムが規定される。同年10月30日、行政長官は応札企業の資格審査や行政長官にライセンス発給についての提案を行うための8名のメンバーから成る「カジノ経営ライセンス第一回公開入札委員会」が発足。

委員会は11月2日に正式に競争入札の受付をスタート。
期日となる2001年12月7日までに21社からの応札があったが、うち3社が期限内に必要な補足資料を準備できなかったため、審査が継続できないという事態となった。
応札した企業の資金調達元は主にマカオ、香港、米国、マレーシア、オーストラリア、英国、台湾で、国際的な大型カジノ資本も多かったそうです。

このページの先頭に戻る