100平米1万ドル(約110万円)から始める海外不動産投資|世界のブロガー 香港ニュースタンダードクラブ

香港ニュースタンダードクラブ
香港ニュースタンダードクラブ
アジア最大のチャンス!
100平米から始める海外不動産投資 プノンペン東部ニューエリア

100平米から始める海外不動産

プノンペン東部ニューエリアに投資をしてみたい!
でも、沢山購入する予算がない、或いは大きく買うのは不安だ。
とりあえず試しに最低限買ってみよう。
そんな方へ、オススメのパッケージを用意しました。

100平米 1パッケージ 東部ニューエリア候補9号地
100ドル×100平米=10000ドル+15%=1500ドル 合計11500ドル(約130万円)

・購入形式は共同購入となるため、100平米の売却はできませんのでご了承下さい。
・売却目安は、3年〜5年となっていますが、価格上昇率、開発状況等を考慮しながら検討しますので、
前後する可能性はあります。

東部ニューエリア
投資ポイント1

政府マスタープランによりプノンペンは都市化されます。

国を挙げての経済発展政策に伴い、既にプノンペン及び近郊エリアの地価が上がり始めている。
カンボジアの都市拡大率は7.3パーセントを記録しています。
これはラオスの4.3%より高く、バンコク並みです。

東部ニューエリア
投資ポイント2

プノンペンへの人口集中化により都市が拡大されます。

プノンペンが都市化されつつあるため、人口が増えてきています。
2015年170万人から2030年には240万人と1.4倍増えると予測されています。
その流れで東部ニューエリアへの人口流入が始まります。

東部ニューエリア
投資ポイント3

世界からの支援や投資による開発の加速さてれいます。

中国、日本を始め外国からの支援、投資マネーが流入してきているため開発が加速しつつあります。
プノンペンと東部ニューエリアと最終的に4箇所の橋が架かり環状線で繋がる。

東部ニューエリアの位置
メコン川を挟みプノンペンの対岸のエリアです。

価格上昇の要因
・プノンペンの都市化による人口増加のため都市機能を拡大する計画があります。
その内容は、プノンペン中心地である王宮より半径最大で30キロ圏内を開発するものです。

・今回、私たちが購入をしている東部ニューエリア候補9号地は、プノンペン中心地の王宮より約10キロの距離にあり内環状線沿いの土地となります。
既に開発工事が始まり、内環状線工事、住宅開発も始まっています。

・中国や日本からの支援により、プノンペンと東部ニューエリアを繋ぐ橋が4箇所架かります。
そこを環状線とモノレールが開通します。

・今後もプノンペンの開発が進むと、地価が上がります。
それに伴って、副都心的に開発されていく東部ニューエリアの地価も上昇していく可能性は極めて高いと言えます。

橋の位置拡大表示

プノンペン都内と東部ニューエリアをつなぐ橋の位置
今後の橋建設予定地です。
@プノンペン中心地と東部ニューエリアが最も近くなる橋です。
経済特区から内環状線を通過します。
候補9号地はこの交差点の南側に位置します。

A内環状線北側となる橋です。
この橋の先には、ガーデンシティ計画(20,000u)とチャイナタウン計画(500u)の開発計画がああります。

B内環状線南側となる橋です。
こちらはプノンペン都内でも開発地区に近くなります。

C外環状線南側となる橋です。
ここに港が出来て、経済特区と直結され経済特区動線になります。
アジア最大のチャンスであるカンボジア。
今、多くの投資家から注目されている理由には、大きな将来性や経済計画にあります。
カンボジア、特にプノンペンは今後、大きく成長していくでしょう。
そして、その成長に伴い、今回の東部ニューエリアも成長して行きますので、まだ価格が上昇する前の段階で手に入れておき、ポートフォリの一つに加える事をお勧めします。

まずは、お気軽にお問い合わせ下さい。

PageTop