経済特区の様子|世界のブロガー 香港ニュースタンダードクラブ

香港ニュースタンダードクラブ
香港ニュースタンダードクラブ
経済特区付近の様子
この経済特区では、約2万人の人が働いています。
昼休みになると、大勢の人たちが工場から出てきて休憩時間を過ごしています。
お昼時に何度か訪れていますが、少しづつ工場も増え、人も増えています。

これからこの付近に住む人たち向けの住宅や生活インフラも準備されつつ有ります。

経済特区お昼の様子

経済特区お昼の様子2

経済特区お昼の様子3

スカイランド

住宅販売予定地
これは、経済特区付近の住宅開発予定地です。
SKY LANDシリーズという開発プロジェクトで、かなりの敷地を開発します。
毎月、266ドル(約28000円)ほどです。タクシーのドライバーに聞くと、5年払いだと話していました。
これは、低価格住宅エリアですが、もっと高くて敷地の広い住宅開発もあります。
既にプノンペンは不動産が高くなっています。そういう面から考えると、東部ニューエリアの開発は大きな役割を果たします。
そのため、中国や海外からの支援により、橋の建設に限らず、インフラ整備などの建設が行われています。
この東部ニューエリアはプノンペンと環状線(国道、モノレール)で結ばれることで副都心のようになります。
現在の不動産価格は、プノンペン都内の約10分の1の価格ですが、今後、発展と共に、プノンペンの不動産価格に近づいてくると思われます。

看板

住宅

住宅

東部ニューエリア経済特区風景

経済特区内

工場

広い敷地の中に多くの工場が建っています。
こういう風景が遠くまで続いています。
昼休みになると、工場で働いている人が沢山出てきます。広い道路が埋まります。

昼休み

昼休み

これは住宅の看板です。特区の近くに建設される予定です。
こちらは特区付近の競馬場の看板です。
他に、モーターレース場も建設される予定です。

競馬場

PageTop