2019年視察レポート第一弾 変わりつつあるプノンペン|HKNSC

香港ニュースタンダードクラブ
香港ニュースタンダードクラブ
2019年1月視察レポート 第一弾
変わりつつあるプノンペン都内の様子
まずは、プノンペン都内の風景です。
街のあちこちでビルが建設されつつあります。
デベロッパーは、地元企業をはじめとする、中国、韓国企業です。
どれも大きなビルばかりで、その周辺も綺麗な街並みになりつつあります。
まだまだこれからの雰囲気はありますが、街には高級車が増えました。

都内風景拡大表示

都内風景拡大表示

拡大表示

都内風景拡大表示

都内風景拡大表示

都内風景拡大表示

都内風景拡大表示

都内風景拡大表示

都内風景拡大表示

こちらはポルシェのディーラーです。
イオンでもポルシェが売られていました。

右は、高級バイクのハーレーダビットソンですね。
流石に街を走っている姿は見かけていませんが、近い将来、そんな姿を見かけるでしょうね。
ちなみにこのハーレー事業をカンボジアに持ち込んだ会社は、
HGBグループ社というカンボジア企業です。
この会社は、国際的に有名なブランドをカンボジア国内に持ち込み展開している企業です。
ハーレー以外に、ロールス・ロイス、ベントレー、マツダ、キア、カワサキのカンボジア唯一の代理店です。

またグループ会社であるHGBトレーディング社は、ホテル、リゾート、レストラン、カフェ、小売店の飲料の選択肢サプライヤーで、香港でおなじみの味千ラーメンの代理店だったりします。

さて、プノンペンには、こういった高級品がどんどん入ってきています。
それは、安定した経済成長率とカンボジアの富裕層市場、そして、最大の市場は、今後、増加する中国からの富裕層の移住者の市場を狙ったものです。
移住者の増加数は年々増える傾向のようです。

都内ディーラー拡大表示

都内ディーラー拡大表示

活気付くイオン2号店の様子
イオン2号店に行くと、入り口でポルシェが売っていました。
プノンペンの富裕層や移住してきた中国人向けのものでしょうけど、日本では見ない光景です。

イオン2号店拡大表示

イオン2号店拡大表示

イオン2号店拡大表示

店内は多くの人で賑わっていました。
レストラン街も夕方になるにつれて人が増えてきました。
真ん中の写真は、旧正月グッズですね。こういった棚が沢山あります。

右の写真はハッピーアワーの看板です。ビールが安いのです。
カンボジアビールやアンコールビールは、とても飲みやすいのでついつい飲んでしまいますね。
1リットルが1ドル(110円)って安すぎです。

イオン2号店拡大表示

イオン2号店拡大表示

イオン2号店拡大表示

この写真は、駐車場の写真です。
次から次へと入ってきます。
左の写真は午後15時過ぎのもので、右の写真は17時前の写真です。

この後、帰ろうとするととんでもない渋滞で動けませんでした。
後、イオン2号店の前にある様式の建物は結婚式場です。
暑いせいか、夜に結婚式を挙げる人も多いようですね。

イオン2号店駐車場拡大表示

イオン2号店駐車場拡大表示

PageTop